男性の理想「優しいひと」の捉え方に要注意

女性が求める恋愛相手の男性の理想像として挙げられる代表が、「優しいひと」。
自分もそうだ、というひともきっといることでしょう。
しかし「優しいひと」の考え方は女性の思っているようには男性はどうやら思っていないということなのです。

 

【男性は「優しいひと」を誤解している】

女性がいう「優しいひと」は、微妙に言葉通りのものとは加減が違うということを男性はわかっていないことが多いのです。
男性は恋愛や家庭内と外の世界を一緒に考えていますが、女性側はそのふたつはまったく別のものと捉えて区別したがります。

 

【優しすぎるのは頼りにならない】

優しさはなんでも彼女に任せてくれるというものではありません。
相手のいうことをなんでもきいてあげればそれが「優しさ」でモテるという考えがしています。
ですから、浮気してしまうのではという疑いを持ってしまうのです。

 

【優しさが誰に向いているかをみる】

なにより女性が求めているものは「自分にだけ」というプレミア感が大事だということを伝えていきましょう。
つまり彼女である貴女にだけ優しければいいと伝えていきましょう。
女性なら誰にでも優しいというのは、女性にとっては「ただの女好き?」「信頼できない」という疑惑を持ってしまう原因となります。
男女で考え方が違うのは当然のことなのです。
脳のしくみが違うのですから。

 

【おわりに】

「優しいひと」と思って付き合いはじめたとしても、なんだか違う…と思って別れてしまった女性は思ったより多いのです。
貴女が求める「優しい」と彼が思っている「優しさ」がすれ違ってしまっていないか。
それを知る手立ては、根気よく彼とコミュニケーションをとるしかありません。

 

普段は優しい彼氏、その気持ちをこの機会に確かめてみませんか。